Aphel 株式会社

2007年にイートンによって取得されたAphel株式会社はパワーとデータ規定の現下で将来の必要性を満たす長い経歴があり、結合性ソリューションの非常に技術的に可能にされたプロバイダーでした。Aphelソリューションは, ネットワークと通信, 産業, および軍事のアプリケーションを含む広範囲の市場の必要条件に適応するように設計された。製品は現在, ePDUと商標を付けられて, イートン電力特性ポートフォリオに表されています。

この製品はユーザがデータセンタに関する概要から個々のサーバまでの消費電力を測定するのに権限を与えられてデータセンタの配電の, より完全な理解をユーザに提供します。イートン配電ソリューションは負荷平衡のためのラック、負荷細分化、効率、そして, エネルギー使用量計算での配電の包括的な理解をサポートするためにローカルとIPモニタリング技術を盛り込みます。また, イートンの‘管理された'技術はユーザが完全にモニターする、スイッチ, 分類順序, 個々の出口を管理するのを許容します。

当社のすべての製品 にともに、 イートンは, 次世代ソリューションを開発するための技術的な革新をてこ入れすることへの続けられた成功を得ようと努力します。弊社のパワー品質ポートフォリオは, カスタマーの特定の要求満たすには、新しいまたは事前のソリューションをコンプリメントするまたは包括的なソリューションを提供するには設計されます。