people in front of computer screens

技術リーダーシップ

伝統的技術革新

1962 に最初の AC インバーターを特許することからイートン 9390 UPS に関する 8 つの新特許および DC 電源整流器と電池測定技術に関する特許を出願することまで、イートンは伝統的技術革新を続いています。お客様の電源 マネージメント・ソリューションに関するニーズを満たすために 264 より多いアクチブ特許および出願中となっている他の 178 特許によって弊社は技術知見を使用して長い伝統を守っています。

2009 二重変換保護および 1100kVA までの 99 %の効率を持つ最初の UPS
2007 簡単な容量テストで 225 から 1100kVA までのイートン 9395 UPS モデルのために外部荷重を必要がない進化した負荷テスト
2007 イートンは、量子飛躍で大型、三相の UPS 技術「イートン 9395」を紹介します。これは、最大信頼性のために、モジュラーおよびアップグレード-可能設計を含む内部の冗長性があります。
2006 イートンは、高パワー密度および高性能なイートン BladeUPS ラックマウント UPS を紹介します。これは、12 kVA のモジュラー UPS で、モジュラー 分 配含む 60 kVAまでの N+1 平行冗長性システムです
2005 外部ロードバンクなしで内部コンバータ操作とサイト使用試験を確認するための全電源処理を持つ最初のUPS
2005 バッテリ完全性試験のために付属ロードから独立している全電源バッテリー放電を持つ最初のUPS
2004 電力性能の不適合組み合わせ、バッテリマネージメント、拡大縮小が可能な構造、可撓性およびサービスを結合するモジュールトランスフォーマーいないUPS(160kVA まで)
2003 高密度のラック アプリケション用の3Uでの最最初の6kVA UPS は電力密度を33%で増加します。
2003 10W/cu in 以上の電力密度がある最初の 3kW DC 電源整流器モジュール
2003 高周波の電力変換器のための第二世代の無線並列接続
2002 ラックマウントアプリケーションのために、最初のデュアルソース UPS
2002 ステータス能力と携帯電話(SMS)のテキストメッセージアラームがある最初の DC 電源システム
2002 FORESEER 積極的な企業の 設備監視ソリューションで 22 万5000データポイント以上には、監視の展開
2002 最初の、ネットワークカードで統合している完全な100Mbpsスイッチハブ
2001 最初のHFSM DC の電源システム デザインは、「Power-over-LAN」を含めて、ITアプリケーション用に設計されました。
2001 補助装置製用に、統合ネットワーク監視と制御での最初のDC電源システム
2001 3kVAであるUPS は、40%で電力密度を増加します
1998 バッテリランタイムの予測能がある最初のDC 電源システム
1997 バス電圧を±0.01Vに保持するためにあるDC電流整流器モジュール(能動的な電圧制御を持つ)
1997 特定のロードに92%以上の効率がある最初のDC電流整流器モジュール
1996 無線並列との最初のUPS
1993 電池寿命を延長 するために、ABM 技術との最初のUPS
1992 負荷分割を提供するのが最初のUPS
1992 5W/cu in以上の電力密度がある最初のDC電源整流器モジュール
1991 マイクロ・プロセッサに基づいているDC電源システム コントローラ
1989 最初の高周波のトランスフォーマーがいないUPS
1987 特に電気通信のために計画された最初の高周波のスイッチ モード ラック 電源システム
1987 進化したパルス幅変調された技術(PWM)とマイクロ・プロセッサに基づいている診断がある最初のUPS
1986 電気通信アプリケションのための市販の200W高周波スイッチモードDC 電源システム
1986 コンピュータの概論のために100 kVAがある最初の UPS
1982 コンピューター室に適している最初の UPS
1982 オフィスのために特別に設計された最初の UPS
1976 非常照明 HID ランプのために、最初の UPS
1972 最初の耐故障と並列UPS
1972 デジタル的に制御された最初のすべての UPS
1968 充電器とインバーターを結合している最初の商業 UPS
1962 最初のAC 電源インバーター