イートン Static Auto Tie

イートンの Static Auto Tie (SAT) システムは自律的に全負荷を伝達できるように、さらにもっと信用性を高めています。イートン SAT システムは、Hot-Tie システム内のタイブレーカーにラップ・アラウンド自動切替装置を追加し、2 つ以上の UPS システムで構成されている電力系統保護は、トラウマ的なイベントに負荷全体が自動的に伝達できる ように、インテリジェント制御も追加します。1 つのシステムの突発故障はまれな、しかし高価な状況です。

下図に表示された Static Auto Tie 構成には、必要に応じて負荷を伝達する 2 つの UPS モジュールの間に「hot-tie」回路があります。 このより単純の二重経路アーキテクチャ は、シリーズ・スイッチングを除去してシングル電源コード負荷の電位ダウンタイムを 50% まで減らすために、分配システムを簡素化します。その結果、Static Auto Tie (SAT) アーキテクチャは次の特徴を含めて多くの利点を提供します。

  • 資本経費を減らす
  • 系統切替スイッチの伝統的なダウンストリームが不要になる
  • インストール費用を削減する
  • 信頼性を増大させる
  • 効率を高める
  • 維持に対する必要性を減少させる
  • 求められている床面積要求を減らす
Fully Deployed Diagram - Data Center Dynamics

Static Auto Tie (SAT) は、イートンの 9315 と 9395 UPSモデルに利用できます。 詳細については、パンフレット を参照してください。 平均無故障時間について説明する技術白書 も利用できます。